早稲田 ソフトウェア製品品質 セミナー

開催地 オンライン 関連サービス/製品. 早稲田大学ではipa 委託事業としてiso/iec/jtc1 sc7/wg6 関係者やコンピュータソフトウェア協会等と連携し、square シリーズを具体化してパッケージ製品やクラウドサービスの品質を体系的に定量評価する枠組みを実現、国内20製品超へ適用しました。. 世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立 独立行政法人情報処理推進機構の「ソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業」結果公開 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究機構グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所(所長:鷲崎. ホワイトペーパー. 5 (), 早稲田大学 名誉教授. 20 icqcc-ダッカ 日本からオンラインで発表もできます! 8月30日まで!発表論文募集中. @itは年11月19日、「@it ソフトウェア品質向上セミナー 冬~不確実性が高まるdx時代のソフトウェアテスト/品質保証はどうあるべきか. 本書は、ソフトウェア、ITシステムの専門家である著者らが長年取り組んできたソフトウェアの品質について体系立てて整理し、簡潔に解説したものです。第1版発行から13年、第2版から6年が経過し、ソフトウェアを取り巻く環境は大きく変化しました。これを踏まえ、従来の内容を見直し.

参加者の声(久光製薬) インタビュー記事(東北. 31 【ライブ配信】9月、10月おすすめセミナー、イベント公開!オンラインセミナー参加者、上司の声を一挙ご紹介! 早稲田 ソフトウェア製品品質 セミナー トピックス. 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所が、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(csaj)との協力のもと、独立行政法人情報処理推進機構からのrise委託研究「測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の実態定量化および. られた測定量を用いて、すべての関連するソフトウェア製品の品質特性を仕様化し、評価 することが重要である。 ソフトウェア品質評価の最初の国際規格としては、1991年にISO/IEC 9126: Information technology – Software product evaluation – Quality characteristics and guidelines for. IPAセミナー【第8部】 メトリクスの研究・実践・規格動向と日本のソフトウェア製品品質実態~ ~IPA/RISE委託研究成果Waseda 早稲田 ソフトウェア製品品質 セミナー Software Quality Benchmark(WSQB)を含めて. ソフトウェア品質保証. 品質評価枠組み 鷲崎 弘宜(早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 所長) 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所では、年度 ipa rise委託研究として「測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の.

日本テクノセンターでは、技術セミナーをはじめとした、最新技術および体系的な技術知識の習得に役立つ実践的な技術教育、および、コンサルティングサービスを提供しています。技術セミナーは東京および大阪で開催しています。機械、電気電子、メカトロ、組込ソフトウェア、AIおよび. 「ソフトウェアと品質を考える」. 定員増枠 お申し込み受け付けを再開します。 【ソフトウェア品質向上セミナー】ソフトウェアの構造悪化を防止して、テスト工数・修正工数を削減する! 富士フイルムソフトウエアが実践する品質確保の取り組み. CSAJが後援する、早稲田大学とFraunhofer IESE共催によるソフトウェア品質セミナーについてご案内いたします。.

品質経営推進センター SQiP・医薬グループ(SQiPセミナー関係) jp ソフトウェア品質(SQiP)事業サイトはこちら. 早稲田大学ではipa 委託事業としてiso/iec/jtc1 sc7/wg6 国内関係者やコンピュータソフトウェア協会ほかと連携し、squareシリーズを具体化してソフトウェア製品やクラウドサービスの品質を網羅的に定量評価する枠組みを開発し、国内20製品超へ適用しました。. システム・ソフトウェアの品質要求および評価の国際規格squareシリーズのiso/iec 25051:の日本版jis x 25051:「既製ソフトウェア製品に対する品質要求事項及び試験に対する指示」(予定)のリリースを記念して、グローバルスタンダードに基づいて. 第2回 早稲田大学・Fraunhofer IESE共催セミナー 「データに裏付けられたIT経営とソフトウェア品質」.

早稲田大学グリーンコンピューティング研究開発センター ~rise調査研究~報告セミナー ソフトウェア製品品質実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立. 27 テクマトリックス(株)が強力なUIオブジェクト認識機能を搭載した、UIテスト自動化ツール「Ranorex 6. ai開発 最前線』、『iotセキュリティ』、『定量的品質予測のススメ』、『プログラミング言語論』など多数。 11:50~ 12:00: 休憩: 12:00 ~12:50: ipaセミナー【第8部】 メトリクスの研究・実践・規格動向と日本のソフトウェア製品品質実態. またセミナーでは、ipa rise委託研究として早稲田大学がcsajとの協力のもとで製品募集を開始したiso/iec 25051:(jis x 25051:)に基づくソフトウェア製品の品質実態調査について詳しくご紹介します。. · 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所では、年度 ipa rise委託研究として「測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立」を進めています。. 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究機構グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 (所長:鷲崎 弘宜(わしざき ひろのり)理工学術院准教授)は、「測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の実態定量化および総合的. DX時代に求められるソフトウェア品質とは? Veriserve Academic Initiative ベリサーブアカデミックイニシアティブ.

早稲田大学, 世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立, 年4月25日. SQiPシンポジウムは、ソフトウェア品質に関する実践的な技術・経験・研究成果を共有し、意見交換を行う場です。コンセプトは「聴く、考える、話す」。様々な立場やドメインの方々の発表・講演・展示を見聞きするだけでなく、議論できる場も提供しています。悩みや課題を解決する仲間と. そこで、ソフトウェア品質向上研究会のテーマである「ISO/IEC 25000(SQuaRE)シリーズの理解と導入」の促進に向けて、あらためてSQuaREシリーズ全体の解説、ならびに早稲田大学がこの新規格を含めて設計した「ソフトウェア製品品質実態調査」の詳細内容に. ソフトウェア品質教育サービス「ヒンシツ大学」セミナー のご案内です。 ソフトウェアテスト専門会社 shift 早稲田 ソフトウェア製品品質 セミナー のテストノウハウを公開した「ヒンシツ大学」の入門レベル「ソフトウェアテスト入門」コースの一部を無料公開します。. 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授 国立情報学研究所客員教授 株式会社システム情報取締役(監査等委員) etロボコン本部審査アドバイザー 鷲崎弘宜 本スライドは、当日のセミナー資料の一部を抜粋したものです。. 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所では、年度 ipa rise委託研究として「測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立」を進めています。.

25(東京) 今年で4回目となった「ベリサーブ アカデミック イニシアティブ」は、大阪・東京両会場ともに大変多くの皆さまにお越しいただき、盛況のうちに終了いたしました。. 製品品質モデルは、ソフトウェアまたはシステムの製品が持つ品質を8つの主. スマートエスイーセミナーシリーズ「ポスト・コロナ時代のソフトウェアエンジニアリングを考える」 第6回 アジャイル開発と品質 年8月20日(木)19:00-21:00 オンライン アンケートにぜひご回答ください。. 理によるソフトウェアの品質向上は、開発者の責任で あり、高品質のs&sの利用は、取得者・利用者の権利 と責任である。本稿では、ソフトウェアの品質問題の背 景と課題、品質向上のための国際標準の例としてiso/ iec2500n squareシリーズをとりあげ、その. 年9月10日 9:20~17:00 【1日間コース】 ※ 同じ内容で開催日が異なるセミナーがあります。. 本セミナーでは、こうした点を踏まえて、日本の企業風土に適した品質コストマネジメントの導入・運用を豊富な事例と演習を通じて、学んでいただきます。 日時.

WSQB17-DQ (Excel): 製品品質・利用時品質測定評価データ Product Quality and Quality in Use Data; 早稲田 ソフトウェア製品品質 セミナー News ニュース. 早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構 グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所(所長:鷲崎弘宜(わしざき ひろのり)wu1 理工学術院准教授)は、「測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の実態定量化および総合. そのような中、システム・ソフトウェアの品質に関する議論がいくつか行われている。 代表的な議論にはまず、iso/iec jtc11による国際規格iso/iec 9126 シリーズ(jis x 0129-1)がある。iso/iec 9126 シリーズは1990 年代よりソフトウェア製品の品質に関す.